がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

トホホの税理士日記

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE死生観...

DATA2020年04月21日

我が家は、心臓が三割壊死した夫に抗癌治療の放射線で白血球が減り抵抗力がほとんどない家内。マンションの上階には共に90歳になる肺癌と前立腺癌を併発している父と軽い痴呆が入り立ち振る舞いも弱々しくなった母...
コロナウィルスに罹ったら、ほぼ全員あの世行きはほとんど間違いないです
私は心臓三割壊死したぐらいじゃ肺炎に負けるつもりはありませんが(笑)

そんなリスクは十分承知の上で、自己責任で自分たちのできることをやりながら、毎日を楽しく慈しみながら精一杯生きるしかないと覚悟しています。
なので不安や恐れや、深刻になったり暗くなったりウツっぽくなることもありません。
子供たちも父母も家内もみんなでいつも笑が絶えないアホな家庭です(笑)

自分のこの死生観って何なんだろう?...って時々考えますが、それは仲間が次々に山に逝ったクライマーの端くれだった頃の青春時代に原因があると気づきます。
あの20代からの40年間、常に...
先に逝った仲間に「お前も結構頑張ったじゃないと言われたい」
いつかは必ず死ぬんだから「いつ死んでも悔いの無いように」
最後に残るのは思い出だけだから「金や物に執着しないで身軽に」
...そんなことばかり考えて生きてきました。

「死」について書いたブログを見た方から「どうたんですか?」「気弱にならないで」「元気を出して」と励ましのメールをいただきました(笑)...「死」について話したり考えたりするのは普通の人にとってはタブーなのかもしれません。
が、私にとって「死」は二十歳の頃からいつでも身近にあるリアルな事実でした。初めて遺書を書いたのは二十歳の冬だったと思います。死恐れるものでも嫌がるものでもなく生きていくための前提の一つにすぎませんでした。

17前の家内の発病にしても、7年前の登山再開にしても...
うちの夫婦の特徴は常に「死」を意識して生きてきたことかもしれません。
その緊張感がかろうじて夫婦仲の良い原因かも?ね(笑)

11:42 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ