がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

トホホの税理士日記

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE本当の優しさって・・・?

DATA2019年08月20日

カンボジアクメール語.jpgのサムネイル画像

9月の創業30周年記念式典を期に、10年前から支援しているカンボジアの孤児院の里子を日本に一週間招待する企画が進んでいます。
高校生の男子二人と小学生の女の子一人、それに通訳の女子大生一人の計四人です。

孤児院の子供たちに将来の「夢」を聞くと、全員が揃って「先生、お医者さん、警察官」と答えます。それは、農業の外はその職業以外知らないからです。
なので、遠足で初めての海に連れて行くと、翌日から全員の夢が「船員」に変わります(笑)

田舎の村で地主のタンポで小作をしながら、その村で一生を終わる人たちが沢山います。
夢は自分の知っている世界でしか描けないのです。夢を描けること自体が幸せなのです。
そんな子供達全員は無理でも、私たちが支援する里子だけでも日本に招待して、色々なものを見せて、未来の夢を描ける種をつくってあげたい...
それが子供達を招待する一番の動機です。

滞在期間中に一日だけ、日本の家庭を観てもらうために社員の家にホームステイしてもらうことになりました。
職員にアンケートでステイ先を募集しましたが、手を上げてくれたのは栃倉家だけだったようです。ただ、うちの家内が「夫婦二人の1LDKだけど他に希望者がいなければ」と書いたようで...プロジェクトメンバーから「女の子と通訳の女の子は栃倉家で、高校生の男子二人は代表の家でお願いします」と告げられました。

その瞬間、まず「えぇ~マジかい(汗)」と困惑し...
次に家内の気持ちに有難いな~と感謝しました...
誰でも他人を自宅に泊めるのは大変です。家の片付けはもとより、どんな料理を出せばよいのか?言葉もクメール語しか分からないし、気を使わなければならないし、何よりも家族の協力が必要になるし...誰もが二の足を踏む気持ちは良く分かります。
我家も子供達が巣立ってからは引越してリビングと寝室の1LDK住まい、二人を泊めるにはリビングにゴロ寝しなければなりません。家内は片付け下手なので家の中は散らかり放題で家内の服はゴミ袋に入れてベッドの横に積上げられている状況...参りました(汗)

でも家内はそんなことは全然気にせず、「だって誰も希望者が居なければ可愛そうじゃない。それに10年も前からカンボジアに通ってるんだから、きっと父さんともゆっくり話したいはずだよ」「汚くたって良いんだよ、カツコつけてもしょうがないから」「ベッドを貸して私たちはリビングでゴロ寝すれば良いじゃない」「いつも食べてるもの作って食べさせてあげよう」と、クメール語の本まで買って張り切っています。

その気持ちが嬉しくて、同時に、困惑していた自分がちょっと恥ずかしくなりました。
片付け下手は「性格」ですが、カッコつけずに相手のことを最優先で思いやれる気持ちは「価値観」なのかもしれません。
家内は私よりもずっと価値観のレベルが高いのかも知れません...。

そう思うと、家内も、家内のおかげで娘たちも、普通よりもちょっとだけ多く他人を思いやれる優しい心を持つように育ってくれたんだな~と思います。
それを見ている神様が、我が家にはちょっとだけ幸せを多く分けてくれているんだろうな~。だからいつでも幸せなんだろうな~と思います。
家内の持っている本当の優しさに感謝。

ただ...これから家内とケンカしながら真夏の大掃除が始まります。
だって「カンボジアの自宅より汚い」と言われたらカッコ悪いですからね~~(爆)





09:11 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ