がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

トホホの税理士日記

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE心臓、動いてます!

DATA2019年06月18日

心筋梗塞の手術から約一年... 再度カテーテルで心臓に造影剤を注入して心臓の動きと血管の様子を確認する検査入院をしました。結果は良好でした!

通常ステントの挿入は発症後数時間が勝負なので、それを過ぎると心臓が壊死してしまい効果がないとのことですが、私の場合完全には閉塞せず細々と血流がありそうだったのでステント三本を挿入したとのことでした。
その判断のおかげで既に発症から一ヶ月経っていましたが壊死が最小限で済んだようです。血流かほとんどない状態が一ヶ月続いたので心臓の半分は動きが悪いようですが、運動を全くしていない人並の機能はしているようです。
ほんとうにラッキーでした(笑)

チベット側エベレストのABC(アドバンス・ベースキャンプ)6400mで突然胸が痛くなりましたが、地表の半分しかない酸素の中で深呼吸を続けたり荷物を担いで何日も歩いたので胸の筋肉の「筋肉痛」かな?とストレッチをしながら我慢しました。
その後も7000mのC1でも胸が痛くなりましたが、正直、厳しい環境の中で胸が苦しいとか脚が痛いとか指が冷たいだとか、そんなこと言っている場合じゃなかったので気にしないようにしていました。 動けなくなれば誰も助けられません。確実に死ぬことになりますから。

でも、何度か小さな梗塞が起きて血管が半分詰まりかけたままでの8000mから5100mのBC(ベースキャンプ)までの帰りの道のりは、今までの人生でピカイチの苦しさでしたね~(笑)
酸素が半分なのにプラス心臓が半分しか動いていないのですから...
そりゃ苦しいでしょ~エベレストの頂上以上みだったのかもしれません(爆)

体調不良で8000mから下山する時も若いシェルパに付き添わせて自分だけ頂上に行っちゃった頼りにならないガイド・・・・・(お客は私一人なのに私のガイド料で自分だけ頂上に向かいましたが、元々山好きで自分が登りたくてガイドをしているのは分かっているので私はあまり気にしていません。でも、、下山してきた時に他のガイドから「だから過去何度も客から訴えられるんだ、法律上の自己責任とガイドの責任の差が分かっていない。何で行かせたんだ」と逆に私が説教されるハメに(笑))・・・・・は、面倒臭そうにずっと先を歩いては姿が見えるとさっさと先に行っちゃうので「申し訳ないけど、もし躓いて転んだら二度と起き上がれそうもない気がするので一緒に歩いてくれる」と頼んで氷河のモレーンまで隣を歩いてもらいましたが、あんまり面倒臭そうなので氷河からは「先に行っていいよ」と言ったらさっさと行っちゃいました(笑)

そこからBCまでの独りぼっちの二時間は...きっと人生で一番記憶に残る路になると思います。 胸が苦しくて気が遠くなりそうになりながら、ゆっくり陽が沈み星が瞬き極寒の夜が近づく地の果てのチベットの空の下で「こんな時間は二度と来ないから楽しまなくちゃ、俺は幸せだよ」と思いながら、なんだか自分の命の端っこがすぐそこに見えるような、真実と本物以外は何も存在しないような、そこに存在する自分が何者なのかのすべてがさらけ出されるような...そんな貴重な瞬間でした。

でも不思議です。その時に梗塞の発作が来たら100%死ぬと思いますが、一番心臓に負担がかかる時には発作が来ないのです。BCでもABCでもテントに着いてから起こるんです。その時も翌日のBCで胸が痛くなり何時間かテントの中で寝ていました。

BCからとんでもない悪路を二日間走って国境を越えてカトマンズに着いた翌朝本格的な心筋梗塞が来ました。
胸の上に小型トラックが乗ったのかと思うほどの苦しさと激痛でストレッチどころか動くこともできないまま夜まで12時間以上ベッドに倒れこんでいました。
頼りにならないガイドが「食事に行きましょうよ~」と誘いに来ますがそれどころじゃないです(笑) 
でも、頭はハッキリ冴えていて、この痛さはガマンできる範囲で、このまま死ぬことはないだろうと思っていました。

そして、その翌日飛行機に乗りカトマンズからバンコク経由で帰国しました。 心臓が悪い人は気圧が影響するので飛行機はダメと言われますが、エベレストに登ること考えれば関係ないです(笑)
帰国後は胸も痛くならないのでそのまま「なんか息が苦しいな~?」と思いながら普通に暮らしてました。
帰国後一ヶ月ほどして会社の健康診断があった翌日「心臓が半分動いてませんよ、すぐ医者に行ってください」と大慌ての電話があり、そのときに初めて「なるほど~俺は心筋梗塞だったんだ」と気がついたのでした(笑)
鈍感と言うか、しょ~もないと言うか、アホと言うか...でも、心筋梗塞初めてだったので筋肉痛と区別つきませんでした(笑)

色々な方に言われましたが、確かに「生かされている」と感じます。
神様に決められた寿命が残っているということは、神様から「まだお前はお前の使命を果たしていない」と言われているようなものですから...もう一度、自分が生かされている意味を自分に問うてみたいと思います。
でもとにかく皆さん、心臓痛くなったら時間勝負なので直ぐ救急車を呼んで下さいね??
私の真似して一ヶ月も放っておくのはダメですから(笑)

22-01.jpg

09:51 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ