がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

トホホの税理士日記

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE心が折れる...

DATA2017年07月07日

「心が折れる」...という言葉を最近良く耳にします。

Netで調べてみると、「挫ける、めげる、へこむ、しょげる、へこたれる・・・」という意味のようです。
昔から、へこたれたり、挫けたりってことは誰にでもありますが、最近の日本の若者が「心が折れる」という言葉を安易に多用するのは「心が弱くなった」証拠と言われる所以なのかもしれません。

心が折れた_170707.jpg


私はあまり心が折れた記憶がありません...?

なのでパートナーの山本に、「最近すぐ心が折れたって言うの聞くけど、俺たちあんまり折れたことがないから分からないよね」と言ったら...
一瞬固まり、マスダ顔(注1)になり...
「もう何十回もバッキバッキに折れてるんですよ!」と、超お怒りモード (汗)
「ただ、一度折れたところは強くなって二度と折れないだけです!」
「身体中の骨が折れたから、こんなになっちゃったんですよ。この鈍感!」(怒)
(もう少しでどこかの議員の秘書のように「このハゲ~~~」と怒鳴られるところでした)

なるほど~~良いこと言うな~~(笑)
一度折れたところは強くなって折れなくなるんだ!
なんだ、強くなって成長したのはオレのお陰なんだな~
なるべく若いうちにバッキバッキに折っておけばどんどん強くなるんだな~!

確かに、山本も昔はよく凹んで泣いてましたった(笑)
でも、めげずに強くなったのはきっと「逃げ出さなかった」からなんでしょうね。
人は「逃げない」と覚悟した時に折れた骨は二度と折れなくなるのかもしれませんね。
そこで逃げ出すと、骨がヘンにくっついて、立ち上がれなくなるのかもな~

人は背伸びして成長しようとすると、ちょっとした横風でポキリと折れることもあります。
その時には、一旦しゃがんで、骨がくっつくまで「只今、成長中」と言いながら休めば良いです。
逃げ出さなければ、折れたところは強くなってくっつきもう一度立ち上がれます。

でも、心が折れたまま、自分の折れた心から目をそらして...
心が折れたことを環境や他人のせいにして逃げ出したら...
骨はヘンに治癒して、曲がった脚では立ち上がるのが難しくなります。

成長を目指して心が折れた「成長中」の仲間がいたら、皆で大切に守りながら...
お互いに助け合い成長し続けられるチームでありたいと思います。

(注1)マスダ顔 ・・・ yoko-so用語
気にくわないことがあった時に目を細めた無表情顔を作り相手を威嚇すること。
詳しくはTEAMyoko-so、Team環境支援までお問合せください。

09:29 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ