がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★コロナ後の経営!

DATA2020年07月13日

キャッシュ重視.jpg
◯ キャッシュは現実

「損益は見解、キャッシュは現実」という有名な言葉があります。
利益というものは会計の方法(ルール)により変化しますが、キャシュは絶対の現実です。

会社はいくら赤字になっても潰れませんが...お金が無くなれば倒産します。
今回のコロナ危機でハッキリとそのことを再認識した経営者も多かったのではないでしょうか?

今後は今まで以上にキャッシュ(現金)を重視する経営が大切になります。

◯ 真っ先にすることは資金調達

コロナ危機の真ん中で真っ先にすることは「資金調達」です。
日本政策金融公庫の無担保・無保証の貸付け枠や、市区町村の認定を受て他の金融機関でもコロナ対策融資が売上の減少割合に応じて無金利~受けられます。
また、保険積立金がある場合には契約者貸付について保険会社に問い合わせをしてみてください。たいていの場合無利子で返済は自由です。

資金的に余裕がある会社の場合「どうせ返すんだから借りてもね・・・」という社長もいらっしゃいますが、この状況の中では借りられるものはできるだけ長期で借りられるだけ借りておくことも必要だと思います。
この先何が起こるかは予想がつきませんし、資金が一日でもショートすれば倒産の可能性も出てきます。必要無くなれば一括返済すれば済みますし、既存の金利が高かったり返済期間の短い借入金の返済にも充当できます。

不況が予想される場合や今回のような突然の大不況。・・・
経営者が真っ先にすべきことは「資金調達」であることを肝に命じてください。

◯ 会社に"真の体力"をつける

コロナ後に改めて目指すべき経営は「内部留保」重視の経営です。
会社が稼いだり利益から税金・配当・役員賞与などを支払った残りが「自己資本」として会社に蓄積されていきます。
つまり「儲けた利益の蓄え」が「自己資本」であり「内部留保」なのです。
まずは自己資本率70%を目指すべきはだと思います。これは会社の資産の7割が自社の資金で賄われ借金は3割しかないという状態です。
そして最終的には無借金経営を目指すべきです。

個人に置き換えてみるとよくわかります。
自己資本率70%とは、預貯金や自宅の土地・建物・自家用車・家財道具等々の財産の7割が自分の貯金を取り崩して買ったものであり、3割がローンだということです。
ローンの返済が多額だと給与が下がったり失業すればすぐに生活が破綻してしまいます。
それを防ぐためには数年間失業が続いても暮らせる程度の蓄えができるまでは、生活費を節約して車や自宅を売ってローンをなくす...それが当たり前です。
・・・なのに会社の経営になると逆に8割、9割が借金でもあまり危機感のない経営者もいます。

自己資本率30%を超えるまでは役員報酬を抑えて内部留保に専念する...
自己資本率50%を超えるまでは高級車は我慢し、交通費も節約し経費を抑える...
同様に資本率70%を超えるまでは配当や役員賞与は支払わない...
売上が3割下がっても利益の出る企業体質を目指す(損益分岐点比率70%)...
自己資本は税金を払った額に比例して増える。できる限り税金を払う...
不必要な不動産や株や資産は持ちない、持っていたら処分する...

失業や病気に備えて貯蓄を増やす、生活費は節約し、無駄な買い物や投資は控える。それと同じです。
立派な会社を創り上げてきた経営者なら当たり前にしていることです。

ワタミの渡邉さんが株式店頭公開後に「ねぇ泉さん、車は新車を買っても良いかな?」と言われたのを思い出します。上場するまでは中古のクラウンを壊れるまで乗っていました。それが経営者の姿勢と目指すモノの高さを表します。

再度、この機会に経営に対する意識を変える必要があります。
会社の真の体力を表し、社長の成績表と呼ばれるものが「」自己資本率」なのです。

◯ コロナ後の経営は

今回のコロナ危機は、いつどんな経営環境の激変が起こっても不思議ではない、世界場を巻き込む地球規模の危機が起こる可能性はいつでもある、むしろち地球環境の悪化によりさらにその可能性は高まっている...ことを私たちに示してくれました。

それを肝に銘じてコロナ後の経営は...急激な成長を目指すよりも、売上の変動に耐えられる体質作り(売上三割減でも利益が出せる企業体質)と内部留保を充実させた基礎体力のある強い会社(自己資本率70%超)を作ることを目標にすべではないでしょうか?
それをないがしろにして成長だけを目指す経営はギャンブルと変わりません。


09:21 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ