がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ

TITLE★必ず不幸になる三つの感情

DATA2019年07月08日

私たちの仕事は沢山の経営者の皆様とお付合いさせていただけるとても素晴らしい仕事です。
どんな方でも独立して経営者として仕事をされている方々は必ず何かを持っていらっしゃいます。まして、それなりに成功された方々は必ず人として尊敬できる何かを持っていらっしゃいます。
そういう意味では、今までお役に立てたことよりも、皆様に教えていただいたことのほうが多かったな~と思います。感謝で一杯です。

そんな教えの中から絶対に抱いてはいけない「必ず不幸になる三つの感情」をまとめてみました。

・・・・・  ・・・・・  ・・・・・

(1)不満を持つ

不満とは、世の中や他人が自分の思った通りでないことに対して不満足であるという感情です。
親が自分の希望を満たしてくれない、自分の思い描く親像とは違う...
会社が自分が思うような評価をしてくれない、尊敬できる先輩が居ない...
社会の制度が自分にとって不都合である、自分が希望する生き方がしにくい...

でも、良く考えてみてください。
自分は他人の満足のために生きているのか?
人や組織にはそれぞれの価値観があり...
多様な人たちの価値観をすべて満足させる仕組み作りはとても難しい...

つまり、他人や社会が自分の思い通りになるということはありえません、思い通りにならないのが当たり前です。自分も他人の思いに合わせて生きているわけではないですから。
ですから、不満を持つということは天にツバするようなもので、自分の生き方を狭め、自分の価値を下げてしまう最悪な感情の一つなのです。

(2)傷つく

自分が傷つくという感情も、他人に自分の思いが伝わらないことを恨んだときに起こる甘えの感情です。
自分が頑張ったのに認めてもらえない...
自分が思っていることと真反対のことを言われた...
自分は大切に思っていたのに裏切れた...

事実は一つ解釈は人の数だけ...という言葉がありますが、自分の思いや行動が自分の思い通りに他者に伝わらないのは当たり前です。
自分も他者の思いや感情をすべて受け取れてるとは限りません。

仲良くしていたのに陰で批判をされたと傷つく...良く聞く言葉です。
それは面と向かって批判されたら素直に受け取れない自分がいるからでは?相手は良い関係性を崩したくなくてそういう行動を取ったのかも知れません。批判を聞いたら受容れて感謝できる自分になるきっかけにする。これも受け取り方ですよね。

傷つくとは、相手を加害者として批判することにより自分を守る手段なのです。これも自分の生き方の幅を狭めます。

(3)不公平だと思う

不公平、エコヒイキだという言葉は、他者に対する嫉妬を屈折して表した感情です。
自分が評価されないのは不公平のせいだ...
あの人が評価されるのはエコヒイキだからだ...
エコヒイキされるのはズルイ生き方だ...

世の中はエコヒイキが当たり前です。お客様は公平な評価などしません。
その会社やお店のファンになるということは、自分の要求を満たしてくれる相手や自分の感性や価値観や基準によって気に入った人やお店や会社をヒイキすること、つまりエコヒイキです。

元々人は公平に生まれてきません...お金持ちもいれば貧乏な家に生まれることもある。美人もいれば不細工に生まれることもある。頭が良い人もいれば悪い人もいる。不公平は絶対に解消されません。
自分の足りないことを嘆く前に、自分の良いところを磨いて自分を輝かせる努力が必要です。

不公平だ、エコヒイキだ、と嫉妬を他者の責任に摩り替えているうちは幸せにはなりません。そして自分の生き方の幅を限りなく狭めてしまいます。

・・・・・  ・・・・・  ・・・・・

私は物心ついて(大人になって)以来、この三つの感情を抱いた記憶が在りません。
そして、これらの感情を顕にする人にはできるだけ近づきません。運が悪くなるからです。
...と言うことは、私がこういう感情を持ったならば運の良い人たちは私から離れて行きます。

不満があり、不公平だと嘆き、傷ついたと落ち込んでみせる人の周りには同じタイプの運の悪い人たちが集ります。集ってグチを言い合い、キズを舐めあい、不幸を慰めあいながら自分を庇いあいます。

これらの感情を持つことは、ある意味で精神的な病の入口だと思います。

逆に大切にすべき感情に「怒り」や「悔しさ」があります。
世の中の暴力や理不尽や不平等や人としての汚いやり方などに対する怒りは大切です。
自分の力が足らないことへの悔しさも、自分の成長の種になります。
その怒りや悔しさが事業や自分の使命の原動力になっている人たちをたくさん見てきました。

つまり、怒りや悔しさを主体的な自分の戦いのパワーに置き換えられる人と、他者の助けを期待しながら愚痴と恨みの感情に支配される人の違いなのかも知れませんね。

【※画像は記事と関係ありません。アマダブラム2013年に訪れました】

アマダブラム.jpg






09:14 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ