がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★M&A国際会議

DATA2019年03月27日

3月17日から8日間ほどM&Aの国際会議でパリに行ってきました。

国際会議と言っても日本のM&A協会メンバーの会議なので外国人はいません(笑)
( ※M&A協会・・・日本M&Aセンターと提携する会計人の団体 )
毎年この時期に、今年はパリ、昨年はドバイ、一昨年はサンフランシスコ・シリコンバレー...
そして来年はシドニー(予定)と、海外で開催することにより世界に目を向けて視野を広げることも目的の一つです。

最初に参加した10年前は100人に満たなかった参加者が今年は500人を超え、M&Aに対する関心やニーズの高まりを強く感じます。

今年の討議はM&Aに関するものの他、会計事務所再編に関するテーマが主でした。

会計業界も2018年は山形のあさひ会計と仙台の三澤会計が合併し百数十人規模の東北一の事務所になり、愛知県安城のかがやき税理士法人と川崎の東京JAPAN税理士法人の合併など、他の業界と同様に後継者問題に絡む中規模事務所の合併が話題を呼びました。

人口減少に伴う事業者数(顧客)の減少や職員採用の困難な状況、経営環境の悪化に伴う税務会計以外のニーズの高まり等々...に対応するために各事務所の組織化や大規模化、業界再編の動きはますます加速すると思われます。
業界の7割を占める職員数10人未満の小規模事務所は税理士の高齢化により順次消滅し、特別な個性や特徴のある事務所だけが生き残る方向に向かうのではないかと思います。
そして、30人から100人程度の中規模事務所を中心に、地域一番を目指して業界再編の波の中で合併や吸収が加速しています。

私どもTEAMyoko-soもこれらの動きに対応して、地域一番事務所を目指す「第6次中期5ヶ年計画(平成26年~30年)」によりこの5年間で職員数を25人から49人まで増員し、さらに第7次中期5ヶ年計画で75人体制を目指していますが...
今回の会議で痛感したのは「事業環境の変化はさらに加速している、次の5年間で最低100人を超えないと業界の中心で生き残るのは難しい」ということです。
なぜなら地域一番を目指していた中規模事務所の再編が既に始まり50人規模の事務所は吸収される側になろうとしているからです。
ただ、そのなかで私どもが一歩進んでいるのは「吸収される中規模事務所の一番の理由である事業承継問題が既に済んでいる」ということです。
そういう意味では私どもの環境変化への対応の方向性は間違っていないと思います。

すさまじい勢いで変化する経営環境の中、TEAMyoko-soは事業承継が済んでいるというメリットを最大限に活かしながら、今後はM&Aによる他事務所との提携も視野に入れる等、私たち経営陣自身の視野と価値観をバージョンアップしながら闘わなければならないと思います。

激変する経営環境の中...
今年のテーマでもある「面白がろう」を合言葉にワクワクドキドキと戦おうと改めて誓いました!

国際会議01_190327.jpg

国際会議02_190327.jpg

国際会議03_190327.jpg


10:10 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
JIDA
Change!横浜総合マネジメントのブログ