がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE☆捨て去ること

DATA2016年08月23日

ちょうど5年前のブログの記事です...

この年の経営計画で、私たちは慣れ親しんだ従来の会計事務所の常識であった業務システムを捨て、ペーパーレス、製販分離体制、全員営業を核とした基本業務システムのイノベーションに取組む第一歩を踏み出しました。
そして今期は、全面的に商品定義を見直して、アップセル・ダウンセル戦略を中心にした新しいマーケティング戦略の構築に着手しました。

基本業務のイノベーションに取組んで5年。昨秋の事務所移転以来、全国から70を超す会計事務所の皆様が私どもの業務システムの見学にいらっしゃいました。そして、今秋は新マーケティング戦略に関する講義を多数ご依頼いただいています。

経営者の「捨て去る選択」...それは未来を創りだすために試される覚悟なのだと思います。
                   【旧経営者へのメッセージ 2011.08.20ブログより転載】


★ 捨て去るということ

『社長の決定で最も難しいのは"捨て去る"という決定である』・・・

「社長の教祖」と言われた著名な経営コンサルタント「一倉定」の言葉です。
何かを手に入れることよりも、何かを捨て去ることは何十倍も難しいのは...経営者として経験を積めば積むほど、強く心に突き刺さってくる言葉です。
極端な言い方をすると、捨てられるものの大きさが経営者の大きさに通ずるのかもしれません。
振り返ってみると、手に入れたものと同じ数だけのものを捨てて来たのだと気が付きます。
手に入れたものを捨てるたびに、次のステージに進み、成長して来たのだと思います。
そして、捨てられたものが小さかったから、その分しか成長できなかった自分がいるのだと思います。
まさに...「成長する」ということは「捨て去ること」だと気が付きます。

両手に抱えたものを捨て去るには、本当に守るべきものが何かを知る必要があります。
命を懸けて守るたった一つのものが分かれば、他のものは躊躇せずに捨てられるのです。
それが...使命・天命であり、人生観、仕事観であり、自分の価値観なのだと思います。
小さな湯呑ほどの植木鉢で育った紅葉を庭に植え替えたら、一年で十倍に伸びました。
捨て去るということは、自分のステージを変える事なのです...だから、今の自分を支えている一番大きなものを、捨て去らなければならないのです。
どうでも良いものを捨てるのは簡単です。
しかし、大抵の場合、捨て去るべきものは自分にとって一番大きなものであり、大切に思えるものなのです。その覚悟ができるかできないかが、その人、その会社、の未来を決めるのです。

経営とは「環境適応業」であると言われます。
環境が激変していく中では、昨日手に入れたものは、今日はもう陳腐化し始めているのです。
手に入れたものを守ろうとするスタンスと、捨てながら前に進むのでは大違いなのです。
経営者は組織を抱えています。だから、捨て去るには、ますます難しい決断が迫られます。
社内の抵抗もあれば、社員の思いへの配慮も必要です。

でも...もし「捨て去ること」が必要だと決断したら、覚悟を決めて前に進まねばなりません。
その時には、まず現状を「ぶち壊す」ことが必要です。
粉々にぶち壊せば...未練も、後悔も、寂しさも...一緒に粉々にして吹き飛ばせます。
そして、新しい物を築き上げる覚悟ができるのです(笑)

さぁ社長!未来を創るために、先頭にたって現状をブチ壊しましょう!

『変わらないは、つまらない。』 ...TEAMyoko-soのコーポレートメッセージです。

16.08.23ブログ.JPG 


10:24 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ