がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★成長の軸足

DATA2016年07月19日

私どもTEAMyoko-soのコーポレートメッセージは「変わらないは、つまらない」です。

これは「環境対応業」とも言われる経営者をサポートしていくためには、私たち自身が「成長とは変化することである」という言葉の通り、主体的に変化をリードする覚悟を持って仕事に向き合わなければならないことを一言で表したものです。

ただ、人は根本的に「変化」を嫌います。

ほとんどの人が慣れ親しんだやり方や手法を、明日も繰り返すことに安心感を覚えます。慣れたことを変えるには勇気が必要です。そこが、変化し成長していく人と、なかなか変化できず成長できない人の差なのだと思います。

私ども事務所の中を見回しても、自分の壁にぶつかるごとに、その壁を乗越えて一回りずつ成長していく人と...何度、壁にぶつかっても、、結局何も変えられないままでいる人がいますが、その違いの根っ子は、意外と単純です。

変化と言っても、自分の「価値観」を変えなければならないような大きな変化は、人生のうちにそう何度もありません。
価値観を変化させるということは、自分の生きる目的を変えることにつながるほどの変化だからです。
ほとんどの変化は自分の慣れ親しんだ「やり方(手段)」を変える変化なのです。

言い方を変えると、「やり方」を変えられるか否かは、その人の「目的」への意識の強さに比例します。
目的が明確であるからこそ、そこにたどり着くために自分の「手段」を変化させられるのです。
目的の明確化が、手段に拘らず、目的に拘り、自分が変化し成長していくための根っ子なのです。
逆に、目的意識が希薄な人は、自分の慣れ親しんだ、やり方・手段に拘ります。
何のために今の手段を選択しているのか?それがベストの手段なのか?を思考することがありません。

・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・
★ 五輪2大会連続女子マラソンでメダルを獲得した有森裕子さんのインタビュー記事より

下積み期間が長かったという有森さんが、どのようにして五輪でメダルを獲得するまで自分を高めたかと尋ねると、その鍵は「自分を変えること」だという。
「自分を変えて何かに合わせることは難しいと感じるかもしれませんが、根本を変える必要はないんです」。
目標や絶対にやり遂げたいことがあるなら、それを達成するために何が一番効果的か、どうすれば早くたどり着けるかを考えてみる。
ゴールを目指して不要なことをそぎ落とすと、導き出される答えは意外にシンプルだという。

この有森さんのお話の中に、成功するための原理原則があると思います。一番大切なのは、「目標や絶対にやり遂げたいこと」が明確なことです。このことにより、「目的」と「手段」の区別が明確になります。
・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・  ・・・・・

目的は一つでも、そこに到達する手法は無限です。
手法は環境変化により常に変化させるべきなのです。

つまり、変化し、成長するためには、絶対に変化しない思考の軸足(目的・理念)が必要なのです。
絶対に変化しないものを持たない者は、慣れ親しんだ手段の中にしか自分の安住の地を見出すことができません。

それが企業経営に「経営理念、ミッション」が必要な最大の理由なのです。
ミッションが明確な企業は変化・成長し、ミッションが不明確な企業は手法に固執するのです。


09:51 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ