がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★社長のライフプラン!

DATA2016年08月25日

団塊の世代の引退次期を迎えて、中小企業最大の課題と成りつつある「事業承継」...
後継者の育成と同時に、経営者の側にも考えなければならないたくさんの問題があります。

先日、ある経営者から「会長に一言注意してもらえませんか」と困り顔で相談がありました。
数年前に引退した会長が今でも毎日会社に顔を出し、幹部を捕まえては「そんなやり方じゃダメだ」と何時間も小言を繰り返していて社内のモチベーションが上がらずに苦労しているとのことです。

また、ある会社でも、退職して一般社員になった前社長(父親)が毎日出勤して現場で仕事をしているので組織的には非常に経営がやりにくく、前社長に「現場に出ないでもらえないかな」と相談したら「イヤならお前が辞めろ」と怒鳴られたとのことです。どちらが社長なのか分かりません(汗)

また、別の会社では、同様に数年前に引退した会長が毎朝出勤し、経営環境の変化に対応して経営革新と新事業構築に必死で取り組んでいる社長に対して、「余計なことするな」「俺が教えた通りにやれ」と毎日のように説教を繰り返し、社長のブレーンを怒鳴りつけることもあるとのこと。

ある勉強熱心な後継者から「そろそろ社長を交代するように先生から話して貰えませんか」との相談がありました。後継者も既に40代半ば、仕事の経験も実力も身に付き、勉強熱心で経営環境の変化と戦う為の準備万端で力が漲っているのに...70代になった社長は引退次期を決められずズルズルと保守的な過去の延長線上の経営を続けています。

典型的な「会社離れできない社長」たちの一例です...老害ですね

経営環境が激変し「過去の成功体験が最大の負の資産」「過去と未来が不連続の時代」と言われる今、社会の変化を捉えられなかったり、変化に対応して自分自身を変化させられない経営者は企業の最大の重荷になっています。

経営者は自分のすべてをかけて経営をします。会社は子供よりも可愛いと言われる所以です。
しかし、経営者が持っておかなければならない意識の一つに「会社の未来と自分の未来は別」ということがあります。
人は歳をとり老いて行きますが、企業はゴーイングコンサーンとして老いる訳にはいかないのです。常に環境変化に対応してフレキシブルに経営革新を続ける若さが必要なのです。
つまり、会社の経営計画と個人のライフプランは最終的には別であるべきなのです。

そのことを明確に意識をして自分をコントロールしないと、自分を見失います...

もし、先代社長が生涯現役を貫き通し、事業承継の準備を怠っているならば、いずれ残されたものが苦境に陥るのは明白です。
経営者は元気なうちに一度立ち止まり「自分のライフプラン」についてじっくりと考える時間を持つべきではないでしょうか?

ライフプラン_160825.jpg

14:47 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ