がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★働きがいのある会社

DATA2015年07月16日

「働きがいのある会社ランキング」ってご存知でしょうか?Great Place to Work(R)という機関が、世界40カ国以上で「働きがい」に関する調査・分析を行い、一定の水準に達していると認められた会社や組織を有力なメディアで発表する活動です。
米国では、毎年1月に発行される「FORTUNE」誌を通じて「働きがいのある会社」ランキングを発表しており、ここに名を連ねることが一流企業の証とされています。日本では、日経ビジネス誌や日経ビジネスオンラインに掲載されています。

ランキングは会社の規模に応じて「1000人以上」「100人から999人」「25人から99人」に三区分されています。日本の「働きがいのある会社ランキング」を見ると、1000人以上は1位グーグル、2位マイクロソフト、3位アメリカン・エクスプレスと外資系大手企業が名前を連ねていますが、25人から99人規模のランキングを見ると、ネイルサロンや保育園を経営している会社から、IT企業、工務店、建設会社、弁護士事務所、会計事務所まで様々な会社が載っています。

そう!私たち中小企業でも世界基準の「働きがいのある会社」に挑戦できるのです。

先月のこの欄で、クレドの作成研修に参加している報告をしましたが、その研修を主催しているのがランキング3位「トリプルグッド」です。クレドの研修ついでに、そのクレドを使って「働きがいのある会社」にランクインした方法や考えかたについて勉強して(盗んで)来ました(笑)
そして、研修最終日の翌日は、やはり大阪駅前にあるランキング25位のIT企業「ロックオン」の企業訪問をさせていただきました。

働きがいのある会社ランクインの2社を訪問して分かったのは...
両社の手法は真反対、でも、最重要視しているのは共に「バリューの共有」だということです。

トリプルグッドは、ミッションとバリューを浸透させるために徹底的にクレドを利用しています。
クレドへの賛同を前面に出した採用、入社後3ヶ月に及ぶクレド教育、会議や朝礼を使ったクレド共有、クレドのバリュー項目による人事評価、クレドのバリューにリンクさせたクレーム処理等々...社内のすべてをクレドに結びつけています。

これに対してロックオンはバリュー共有のために遊び心を持った様々な施策を取っています。
コア・バリューは「Impact on ThaWorld」。目標を共有するための社員総会、理念浸透のための社員理念プロジェクト、コミュニケーション活性化のための飲み会や運動会を主催する社員会費委員会、Impactを体感する超ユニーク社員旅行、部活動支援制度、二年間休職できる武者修行制度等々...とてもユニークな取り組みをしています。

両社に共通なのは、やっぱり社員がイキイキ働いていること。

その根っ子は、社員が自由に発想し、社員一人ひとりが主人公になれる社風。
それを作る根っ子は、細かいルールや規則に頼らない、「バリュー」の共有。
皆が仕事の判断の基準であるバリューを共有することにより、細かい規則やつまらないルールなど無くても、同じ方向を観ながら一人ひとりが自由に生きられる組織が創られているからなのかもしれません。

宣言します!。私たちTEAM横総は、3年後「働きがいのある会社」ランクインを目指します!


働きがいのある会社.JPG





12:13 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ