がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★上司の「仕事」...

DATA2014年06月05日

部下に仕事を任せる場合に、一番注意していることがあります。

それは、どんな仕事であれ、まず...その仕事の「目的と全体の流れの中での位置づけ、そしてあるべき最終形」について説明をしてから、具体的に処理してもらいたいことを指示することです。

それは、その仕事の目的や全体像を知ることにより...
 「目的のために一番注意すべきポイントはどこなのか?」
 「前工程でどんなミスや間違いが起こる可能性があるのか?」
 「後工程に引き継がなければならないポイントはどこか?」
 「目的のためには今のやり方や形式が最適なのか?」
という事を、自分で思考しながらその仕事に取り組めるような環境を与えるためです。

部下の思考力が育っていない場合には、説明された意味が理解できず、具体的に何をどうすれば良いのかという目の前のことにしか意識が向かない場合もありますが、それを根気よく育て続けるのが上司の「仕事」なんだと思います。
逆に、能力や意識が高く指示しただけで放り出す場合や、能力を超えて120%の仕事を与える場合でも...必ず目的、全体像、最終形についてはキチンと説明をしたうえでおもむろに荒海に放り込むのも上司の「仕事」です。

つまり、部下の思考力を育てるには、上司の仕事の任せ方が影響してきます。

部下を育てられない典型は「仕事を任せる」のではなく「作業を振る」上司です。

目的も全体像を説明せずに作業を振る...
作業を振られ部下は何も考えずただ作業をする。
あるべき姿がつかめないのでいつでも不完全な仕事しかできない。
だから...いつまでたっても思考力が育たず、判断力も自信も育たない。

作業を振る上司の言い訳は...
必ず「忙しいから」。忙しいから説明してる暇はないから作業を振る。
部下が育たないからいつまでたっても忙しい...
部下の「頭が悪い」からさらに自分で仕事を抱え込んで、作業を振る。

それを繰り返していると...
大切なものと大切でないものの見分けがつかなくなります。
その状態を「心を亡くす」と書いて忙しいと言うのです。

忙しくて、仕事がうまく回らない...と感じた時、
そのサイクルのスタート地点には常に「自分」が立っていることに気づきます。






18:45 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ