がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE☆厳か寛か?

DATA2014年04月15日

マネジメントの「ほめてやらねば・・・」というブログを読みながら思い出したことがありました。

人を育てる時に「厳か寛か」という議論は良く話される話題です...
優れた経営者や芸術家・科学者・スポーツ選手で「厳」でなかった人の話を聞いたことがありません。その仕事が生き方そのものであり、厳しさがその仕事の尊さに比例するとすれば、そして部下を一緒に闘う仲間として信じているのであれば、それは当然のことなのかもしれません。
ただ、同時に、優れた人財を育てた人は必ず「思いやり」のある人だったとも言われます。

高い目標に対峙するために求められる厳しさ、同時に、高い目標に対峙するからこそ知る人の弱さ...本物の厳しさ、本物の優しさ...それは中途半端でない本気の生き方(戦い)をした者だけが併せ持てる両面性なのだという気がします。

【 旧経営者へのメッセージから移行 2009.05事務所ニュースより 】  ・・・・・・・・・・  

先週末は長崎の岩永会計の「後継者塾」にオブザーバーとして参加してきました。その中の講義で「孫子」のお話をうかがいました。

経営者には、「厳」と「寛」二つのタイプがいます...つまり、厳しく厳格な経営者と、優しく寛容な経営者の二種類のタイプです。どちらが良いのか?と問われても迷いますが、孫子は師(経営者)は「厳」であるべきと説いているそうです。
『師厳道尊』という言葉があるそうです。師の仕事に対する厳しさが、その仕事の尊さを表します。
志す道が高く険しければ、おのずから厳にならざるを得ないのだと説き、その仕事に対する厳しさが部下を強く逞しい人財に育てるのだと説いているそうです。
つまり、裏山のハイキングを目指すのならば、仲間や家族と和気藹々と楽しく過ごせば良いのです。しかし、高峰の初登攀を目指すのならば、友人とは疎遠になり、家族を持つことも諦め、命さえも賭して、厳しい信頼で深く結ばれた同志とパーティーを組み、志を貫かなければなりません。「厳」は目指すものの「高さ」に応ずるのです。

●松下幸之助の「厳」
松下幸之助氏や本田宗一郎氏は、ものすごく厳しい人だったそうです。
松下幸之助氏の叱り方は半端ではなく、敵を見るように睨みつけ...「そんな失敗する奴は給料を返せ、今までの給料全部をもってこい」「お前はクビだ。辞表じゃないぞ、お前の生首だ。生首を切って持ってこい」と怒鳴りつけ、工場では近くにある工具を投げつけたりと、言葉よりも手が早かったと聞いたこともあります。
新しいチャレンジの失敗は糧になると許しても...日常業務の失敗は心の底から憎み、部下に怒りをぶつけたそうです。
でも、後日、叱られた部下はお互いに「叱られ自慢」をしながら酒を酌み交わしたそうです。師(経営者)の厳しさは、目指しているものの高さや厳しさを伝えます。そして、師(経営者)の「本気」を伝えます。

●「厳」から逃げる上司
部下を叱れない上司が増えているそうです。「いかに上手に部下を叱るか」などという「叱り方教室」なるものまであるそうです。叱ることに小手先の技術が必要なのでしょうか? 必要なのは、感情を剥き出しにしてでも、自分の「本気」を伝えることではないのでしょうか?
中途半端な「寛容」は...自分自身の弱さや甘さの現われなのかも知れません。「本気」になっていない自分を誤魔化すための、無意識の自己保身に過ぎないのかもしれません。
 
中には、叱る前に「叱るには信頼関係が必要、自分は信頼されているのか?」「まず自分の人間性を高めよう」などと的外れな考え方をする人もいるようです。部下を叱るのに自分が信頼されているか否かは無関係なのです。自分が信じ目指すもの信じている部下を信頼できるかにあるのです。

●部下を信じているか?
博多でお会いしたコンサル会社のT社長の「自分はNO.2として、常に代表と社員の間でマネジメントをしてきました。社員のことが理解できるから余計に「無理はさせられない」「辞めると言い出したらどうしよう」と先を心配し、良き理解者としてやって来たつもりでした」「でも気づいたら、部下を守るという言い訳を盾に、目指すべき志の厳しさから目を背け、波風立たないことだけを考えている自分がいました...結局は、高く険しい道を目指す同志である部下を信頼していなかったのです」という言葉が胸を打ちます。

経営者には、同志を信じ、志を貫く覚悟をし、本気で真正面から部下と向き合う姿勢が必要なのですね...
経営者とは「職業」ではなく「生き方」なのだと学びました。


10:12 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ