がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE☆組織との関係性

DATA2014年04月11日

景気回復の影響か昨年夏から人の採用が難しくなっています。
ブログを読み返すと4年前は50人もの応募があったんですね~(汗)

【 旧経営者へのメッセージより移行 2010.07.06ブログより】  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

今年も夏の職員採用時期になりました。

毎年、6月中旬から7月中旬の税理士試験前に職員の募集を行います。
この2週間で50人ほどの応募をいただきました。

今年も、税理士、会計士の有資格者の応募が多く、資格をとったら独立するのが当たり前だった一昔前と比べると、時代の大きな変化を感じます。
また、是非採用したい...と思った優秀な中国人の方や、優秀な税理士の方もいらしたのですが、事務所の体制や人員構成等々の事情から残念ながら採用できず、事務所の実力が足りないことに悔しい思いをしました。

初めて中国人の方に応募していただき、とっても感じたのは...
ユニクロやソフトバンクが社内標準語を英語にするなど、海外進出する大企業では急激に国際化が進展していますが、人口減少とそれに伴う外国人の流入により「国内国際化」が劇的に進展する中で、中小企業も私たち会計事務所も、英語や中国語に対応できなくてはならない時代が目の前に来ているということです。

もうひとつ考えさせられたのは...個人と組織の関係性についてです。

頭の良い優秀なタイプの方に多い傾向ですが、2~3年おきに5ヶ所も6ヶ所も転職しているのですが、本人はそのことを自分の優秀さの証明だと思っています。

「A社では〇〇の知識を身につけて、B社では●●を経験して、C社では△△を勉強しました」
「御社の特徴である▲▲という業務を勉強したいので是非採用していただきたいと思います」
...と自分の能力の高さを一生懸命にアピールされます。

そんなときには...
「と言うことは、あなたは今までは知識は身につけたけれど、自分の所属する組織の役に立ったことは一度もないってことなの?」
「どんな組織でも3~4年経って組織や仕事に慣れ、初めて組織の成長に貢献できたり人を育てたりお客様の信頼を得て質の高い仕事が出来たりするもんだと思うけどな」
「じゃあ▲▲の業務をちょっとカジッたら、うちも辞めて次の経験のために転職するの?」
「では、自分と自分の所属する組織との関係性について、あなたの価値観とスタンスを教えてくれますか?」
...と質問することにしています。

頭が良くて能力の高い優秀な人ほど、自分と自分を取り巻く世界との関係性についての価値観が育っておらず、とっても幼い場合を多く見かけます。

能力を高めることは大切ですが、能力は「手段」にすぎません。その能力を使って誰のために何をするのかという「目的」がどこにあるのかが大切です。
そして、その目的は、自分を取り巻く社会(組織)との関係性を抜きにしては語れません。
「何が出来るか(能力・知識)」ではなく、「何をすべきなのか(価値観)」を問われる時代です。

スペシャリストとして自分の専門領域(税務・会計)で仕事をするだけなら「能力」があれば良いのかもしれません。
しかし、プロフェッショナルとしてお客様の領域(経営)に踏み込み、課題を共有し、お客様の隣で正解のない経営の世界で共に闘うためには、「能力」以上に「価値観」の確立が大切です。

自分と自分の所属する組織との関係性...社会人であるならば、まず、そのことを思考すべきです。

自分が勤める会社も組織、お客様の企業も組織、そして社会全体も組織、ある意味では自分の家庭も組織...
人は組織の中で生まれ、組織の中で生き、組織の中で死んでいくのですから。

16:31 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ