がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE☆自分の居場所

DATA2014年04月09日

人が唯一の財産である会計事務所にとって、人材育成は永遠のテーマですね~

【 旧経営者へのメッセージより移行 2011.06.07ブログより 】  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

先週のNBM研究会の「組織」に関するディスカッションのテーマ中に...
「あなたにとって"働きがい"のある職場とは?」という質問がありました。

私たちのディスカッショングループは、私も含めて所長が2人、幹部1人、職員5人の8人グループでしたが、それぞれの立場によってさまざまな意見が出て、盛り上がったディスカッションになりました。

職員の皆さんから出た意見は...
「キャリアプランが整っている組織」
「きちんと評価してくれる組織」
「自分の居場所がある組織」...等々
つまり、組織としてのキャリアプランが明確になっていて自分がどの方向にどのくらい頑張れば組織の中でどんな立場になりどんな待遇を受けられるかがハッキリしていて、自分の頑張りをキチンと評価して認めてくれて、やりがいがあるちょうどよいポジション(居場所)を与えてくれる組織が、自分にとって働きがいのあるモチベーションの上がる組織だという意見が多かったように思います。

これに対して幹部と所長メンバーからは...
「キチンとし過ぎたキャリアプランは自分の未来が限定されて逆にモチベーションが上がらない」
「自分は誰かから評価してもらいたいと思った事はない。評価はあとから社会がするものだ」
「居場所は自分で作り出すもので与えられるものではないのでは」...等々

社員と経営者...立場によって考える事が違うのが良く分かり面白いですね(笑)

確かに、私自身は、大学を卒業して入社した一部上場電気メーカーの新入社員研修で、会社のキャリアプランを説明され人事部のメガネをかけた貧相な課長から「こうやって社内預金と持株制度を使えば35歳でマイホームが持てる」という話を聞いた時に...「この会社は辞めよう」と決めたのを憶えています(笑)
一生をこの会社という「枠」の中で暮らし、10年後、20年後、30年後...の自分の姿が想像できるサラリーマンという世界に決別を誓ったのは新入社員研修でした。
その会社のキャリアプランがレベルの低いものだったのかもしれません。でも、漠然とではありますが、自分の未来は、今の自分には想像もできないほど広くて大きいものであるべきだと、信じていたことを思い出します。

社員に「安定」と「居場所」を与えてあげるのが本当に「社員に優しい会社」なのか?
それとも、ホッピービバレッジのように自分の「居場所」を創りだせる社員を育てる事が大切なのか?
その価値観が組織の理念であり社風であるような気がします。

会社の理念に「良い」「悪い」はありません。すべては、社長が「どうしたいか」により決まります。
だから「良い会社」も「悪い会社」もありません、「良い社長」と「ダメ社長」がいるだけなのです。

私たちの事務所は、社員に居心地の良い居場所を提供する組織ではなく、自分で自分の居場所を創り出せる自立した社員を育てる組織にしたいと思います。
狭い枠の中で評価ばかりを求める小粒の社員ではなく、社会全体の中で価値を発揮できるスケールの大きな社員を育てたいと思います。
社員を組織の枠にはめて安定を与えるのではなく、無限の可能性に挑戦して成長し続けられる、永久に可能性の膨張する組織を創っていかなければならないと思います。

それが...「少数精鋭のプロ集団を目指す」という事務所基本方針の目指すものだからです。

09:54 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ