がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★M&A国際会議・・原理原則

DATA2014年03月28日

イタリアのローマで開かれたM&A国際会議二日目の基調講演はHISの澤田会長でした。

テーマは「ハウステンボス経営再建の秘訣」...
開業以来18年間赤字が続き2003年には一度経営破綻しているハウステンボスの再建を何度も断りながらなぜ引き受けることになったかという経緯から、一年で19億円の黒字に転化し、以後34億円、57億円、今期は上半期で50億円と黒字を拡大している経営の秘訣についてお話いただきました。

最初に社員全員を集めて話した内容は三つだけ...
1.私たちの仕事は楽しく感謝しながら地域貢献できる素晴らしい仕事であることを認識しよう
  (何のために仕事をしているのか? 「会社の志、ミッション」 について)
2.モナコ王国と同じ面積を観光ビジネス都市として5年後に100億円の利益を出そう
  (中期計画、5年後の自社の 「あるべき姿」 について)
3.一年で黒字化して、ずっと出ていないボーナスを支給しよう
  (短期計画、今期の具体的な 「行動計画」 について)

その一年で黒字化するためにして具体的にして欲しいことは...
1.一日15分で良いから掃除をして綺麗にしよう
2.ウソでも明るく元気に仕事をしよう
3.売上を2割増やして、経費を2割減らそう

では売上・経費を合計4割改善するため何をしたのか...
売上増加のためには、入場料を下げたみたり、イベントをやってみたり、失敗しながら試行錯誤をする中で、100万本のバラフェスティバルやガーデニングワールドカップ、東洋一のイルミネーション等々の「NO.1、オリリー1」になれるものを見つけていった。
また、経費削減のためには、過剰設備投資を軽減するために敷地の三分の一をフリーゾーンにして店舗を集中化させ、すべての部門で経費を2割カットするための方法を考え、考えつかなければ2割早く歩いて2割仕事を早くすることを意識した。

こういうお話を聞くと、まず「どうやって改善したのかというノウハウを知ろう」とする経営者が多いのですが、でも、そういう経営者は絶対に成功しないと保証します。
この講演の本質(幹)は、「経営とは何か」という点にあります。その中から出てくる具体的な個別の手法はケースごとに異なる枝葉の話でしかありません。本質的なベースがあるからこそ、具体的な手法が生きるのです。現に、売上については澤田さんだって失敗を繰り返しながらも、その原因を追究し、諦めずに改善と挑戦を繰り返していることが分かります。

本質の部分については...まさしく経営の「原理原則」そのままのお話でした!

私がいつもお話している...
経営とは『自社の「ミッション(使命、志)」 から逆算した5年後の「あるべき姿」と現状とのギャップを「明確化・課題化」し(具体的な数値計画と行動計画に落とし込み、予実対比を実行し)、これを価値化しながら「ミッション」を実現していく一連のプロセスである 』
...という内容とまったく同じお話でした。

本物って、いつでもシンプルで原理原則に沿っているものだと...改めて感動しました。

澤田さんが経営者として何が優れているのかと考えると、それは「経営の原理原則を守ってる」「視野が広く想像力が強く、大きなビジョンを描ける」「諦めず粘り強く運を手に入れる力を持っている」のではないかと感じました。

そして、澤田さんの最後の言葉を胸に刻み込みました。

「成功は夢・目標の持ち方で決まる」...
裏山に登るのと、富士山に登るのと、エベレストに登るのではすべてが異なってくる。
だから人は大きな夢、大きな目標を持たなければならない
そして、「最も困難な案件は、最も輝く案件である」...。

【M&A国際会議二日目スタート】国際会議2日目.jpeg

10:22 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ