がんばろう経営者!! 横浜総合事務所代表 泉 敬介のブログ

経営者へのメッセージ

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ

TITLE★節電対策...

DATA2017年06月01日

朝礼でクレドのバリューについての持ち回り三分間スピーチがあります。

先日の朝礼では環境支援(総務)のメンバーからTEAMyoko-soの「バリューNO.10」についての発表がありました。

 

  【NO.10 憧れの先輩

         私たちは、皆で見て、皆で教え、皆で育てます。

         一人ひとりが面倒見のいいかっこいい先輩を目指します。

 

前日、同じビルの会社の総務課の方が訪ねて見えたそうです。

初夏になり電気代がべらぼうな額になり、上司から節約の方法を考えるようにとの指示があったとのことですが、社員に節約をお願いして、部屋の蛍光灯の電灯を間引いたりといろいろしても電気代がまったく減らず、管理室に相談したところ「10階の横浜総合事務所はちゃんと節約しているので聞いてみたら」とアドバイスをもらったそうです。

 

節電_170601.jpgのサムネイル画像

TEAMyoko-soでは使わない部屋の電気やエアコンを消したり、室温に応じてエアコンのスイッチの入り切りをしたり、気温の高くない日は冷房から除湿に変えたり...と各人が意識して自主的に調整していることをお話して、かつ、そのベースにはクレドによって「皆の行動規範となる価値観のベクトルが共有されているから」とお伝えしたとのことでした。

 

普通の会社では...
消灯やエアコンの使用に係る「ルール」を決めて社員に従うことを求めます。
でも、社員からするとあくまで会社の経費は他人事...自分の家ならこまめに電気を消したり、掃除をしたり、モノを大切にしたり、が当たり前の人でも、他人事であれば細かいルールはペナルティーでも与えられて強制されなければ、あまり気にしません。

 

とっても単純なことですが...
このことは、「個人の資質」の問題ではなく「経営の質」の問題です。

社員が自分は会社の大切な構成要素であり、自分=会社であり、会社は自分が主人公として未来を創造する大切な場であると感じているのか?
それとも、会社の指示に従って時間を切り売りして生活費を稼ぐ場でしかないと感じているのか?
仕事に対する価値観のベクトルを合わせるために何をしているのか?
細かいルールを強制するのではなく、行動規範となる価値観を共有しているのか?
その違いではないでしょうか?

 

朝礼のスピーチは「憧れの先輩というバリューを突き詰めて、憧れの会社になれるように努力したいと思います」という言葉で締められました...。
社員の皆に「感謝」です。

 

おまけに、Team環境支援はクレドコンサルの専担部門でもあるので、そこですかさず尋ねて来た総務課の方にクレドコンサルのパンフレットをお渡ししたのも流石です(爆)

それも「顧客の創造」が企業の目的だという共有価値観の現れですね~~~!


あ~~、偉そうなこと言ってますが、私がブツブツ言いながらエアコンを消して歩いているという事実も事実ですから...もう一歩です(笑)



08:05 | Comments(0)

Comment

コメントは承認制となります。
ご投稿いただき、管理者の承認後にブログのコメント欄に反映されます。

名前
E-mail
Comment(スタイル用のHTMLタグを使えます)

ブログ一覧トップへ戻る

  • 前のページへ
  • 次のページへ
がんばろう経営者!! 旧ブログはこちら

月別アーカイブ Monthly Archive

お問い合わせ・セミナーお申込み 045-641-2505
お問い合わせフォーム
セミナー申込みフォーム
がんばろう経営者!!!代表 泉敬介のブログ
Free! 経営支援 フリーコンテンツ
広報誌 Energize
癒しの週末森暮らし
wao
e-Return
Change!横浜総合マネジメントのブログ